小魚のふりかけ

小魚のふりかけ

身長を伸ばすには、タンパク質とカルシウムが必要です。それには、小魚がいいといわれています。小魚は、なによりも骨ごと食べられるというのがいい点です。これで、かなりのカルシウムを接種することができます。

 

こういった小魚を、そのまま食べるのが一番いいのですが、今ではそういったことも少ないかもしれません。めざしやししゃもが苦手というこどももいるでしょう。おやつにいりこをかじるという子どもも最近は少ないようです。

 

そういった子どもには、小魚を粉末にしたふりかけなどがおすすめです。子どもがふりかけが大好きですから、小魚もふりかけになっていれば、たくさん食べることができます。

 

手作りの場合には、小魚をミキサーで砕いて、ごまや塩、青のりなどで味をつければ簡単につくることができます。また、地方の特産品などでも、こういった小魚をつかったおいしいふりかけがたくさん出回っています。